LINK

よくある初心者向けの外国為替証拠金取引の書籍では「損が生まれたケースではナンピン買いして平均のコストをコントロールする事が出来る」などと説明されていると思いますが、実際にはそれは危険があると考えます。伊藤龍一

まず最初に、ナンピン買いの手法についてとても簡単に述べておきます。鬼怒川温泉日帰り

例として100円で1ドルを買ったとします。デリーモの効果は嘘

$買いのため、ドル高に動くほど利益が出ますが95円まで円高ドル安が進んでしまった。メールレディ

このままポジションを持ち続けたら損失が回復するまでにはドル安になった分、円安ドル高に向う必要があります。ベッド【Montray】モントレー/クイーン

みんな、マイナスはなるべく早く無くしたいと願うだろう。

ここではじめに取引したのと同じだけの$(ドル)を1ドル=95円でエントリーします。

これで、平均の単価は97円50銭まで下げることができますその結果、半分の幅で円安が進むと赤字を回復できる。

それが、ナンピンのロジックだ。

このとおり、ナンピンの理論を知ると「もっともだ」と考えたりするが為替相場は簡単には思い通りにはいきません。

1ドル=95円が下限だとということなど、分かるはずがありません。

たとえば、相場がかなり強い円高ドル安基調だとすると、1ドル=95円では止まることなく、さらに円高が進む危険性は高いです。

一例として、97円50銭でナンピンをして、95円まで円高ドル安に進んだら、ナンピンした分についても、マイナスが生まれてしまいます。

この状態では、一番初めに持ったポジションと一緒に、為替差損が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは難しいのだ。

それならば、為替があなたの台本とは別の方向にみるみる向う場合、どの方法で危険を軽減すればいいのだろうか。

こういう時には選べる選択肢は2つしかありません。

まずひとつは執着しないで、損切りをする事です。

もうひとつの選択肢としては、その時点で、自分か保持しているポジションを小さくする事で再度為替相場が戻るのをひたすら待つことだ。

だいぶ主体性のない方法だとおっしゃる人もいるだろう。

しかしながら、自分の持っているポジションに為替差損が出た場合一番リスクが低い対策はこれよりいいものはありえません。

なるほど、ロジックのうえではナンピン買いする手法もありえます。

しかしナンピンは、自分か損をしているにもかかわらず、ポジションを減らすどころか逆に買いポジションを買い増していく対策です。

この考え方では、危機を削減することなど、どこをどうやっても不可能だと思うべきです。

ナンピンをしていけばいつかはマイナスがプラスになるかもしれません。

だけど、それ以前に資金は無くなってしまいます。