一般的な初めての方向けの外国為替証拠金取引の書籍では、「損失が生じたケースではナンピンをすることでポジションの平均を買い付けコストを下げる」等記述されていたりする事もありますが、正直に言うとそれには相当の落とし穴があると考えます。大地宅配 口コミ等

最初に、ナンピンの手法に関してとても簡単に説明します。レチノール 化粧品

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。すっきりフルーツ青汁 口コミ等

ドル買いなのでドル高に向うほど黒字を得られますが、思っていたのとは逆に95円まで円高・ドル安が進んだとします。短期アルバイトランキング

このままの状態で所有し続けたら、プラスになるためには、ドル安になった分ドル高に進む必要があります。http://xn--r8j3gxlya8b0825a0ir1qoyxi.com/

誰でも、赤字は出来るだけ早く回復したいと考えるでしょう。リンクス 髭脱毛 効果

この状況を打破するためはじめに買ったのと同額分のドルを1ドル=95円で取引します。中高年パート

そうしたら、ポジションの買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。ルフィーナ 楽天

言い換えると、2円50銭の幅でドル高に推移すれば、赤字を回復できる。カダソンスカルプシャンプー 口コミ

それが、ナンピンのロジックだ。コスモウォーター 口コミ等

このような、ナンピンの仕組みをみると「なるほど」という気分になるが、そう簡単には思うようにはいきません。

もとより、1ドル=95円が底値だということなど、誰にも分かるはずがありません。

例として、相場が相当に強い円高動向だとすると、95円では収まらず円高が加速する可能性が高いです。

たとえば、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高ドル安が速んだら、ナンピン買いしたポジションにも差損が生じます。

この状況では、一番初めに売買したドルと全部で二重のマイナスを被ります。

例示したとおり、ナンピン買いは難解です。

それでは、外国為替市場が自分のシナリオとは別の方向に素早く向う場合、どういう手法で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

ここで選択する選択肢は2つあります。

まずひとつめはあきらめて、損切りをすること。

もうひとりは現在、自分が所持している買いポジションを小さくする事によって改めて相場が戻るのを動かないで待つことだけです。

相当大人しい手段だとみる方もいるでしょう。

しかし、所有している買いポジションに為替差損が生じた時最も適切な術はこの2つ以外にはありえません。

言うまでも無く、理論上は、ナンピンという術もあると思います。

だけどナンピン買いは自分か損失を出しているにもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、遂にポジションを積み増していく手段です。

この対策では、危険性をコントロールすることなどどこをどうやってもできないと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをしていけばいつの日にか利益を上げられるかもしれません。

しかし、それより前に資金が不足してしまいます。